社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本市で精神障害者作品チャリティーバザール

写真   精神障害者作品チャリティーバザール 11日、上通アーケードであった。県精神保健福祉協会(南龍一会長)の主催で15回目。県内の精神科病院など38団体の患者や家族約150人が参加した。約150メートルにわたりブースが設置され、精神障害者が制作した陶器や絵などの作品を展示。パンや野菜など食料品やクリスマスリースなどの手工芸品も販売し、買い物客でにぎわった。

 同協会の大海逸子事務局長は「バザールは、障害者が多くの方と触れ合う貴重な機会。地域の皆さんに精神保健福祉に関心を持ってもらいたい」と話していた。

 バザールの益金は、熊本善意銀行に寄付される。

写真は買い物客でにぎわう「精神障害者作品チャリティーバザール」の模様
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」