社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

給料の端数を募金(新産住拓)

写真   新産住拓(熊本市近見町 小山英文社長)は12日、歳末助け合い募金として7万円を熊本善意銀行に預託した。社員が給料の端数を募金し合ったもので今年で42回目。
 募金を持参した社員代表の石原賢太さん・青木安代さんは「私たちの心をお届けします。社会福祉の一助に使ってください」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」