社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「会員みんなの気持ちです」~お母さんコーラスけい

写真   熊本市の「お母さんコーラスけい」(中野京子代表・16人)は13日、このほど行った10周年記念公演のチャリティー募金5万4280円を熊本善意銀行に預託した。初めて。
 会員の子どもたちが小学校在学中にコーラス指導を受けていた蔵本靖子さんの退職を機に、グループを立ち上げた。毎土曜午後、近くの保育園を会場に蔵本さんの下、練習を続けている。年2回現代美術館や出水南中などで公演している。
 今回は熊本市総合女性センターでの公演に、募金箱を置いて協力を呼びかけた。中野代表は「来てくださった方々とともに、私たち会員みんなの気持ちです」と述べ、野村裕清事務局長に手渡した。
=写真は中野代表(左)と蔵本さん=
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」