社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

ホームレスに仕事と報酬 自立支援の会、善銀からの50万円を活用

写真   ホームレスの人たちに清掃作業と、その対価を提供するNPO法人・熊本ホームレス自立支援の会(嶋本勝博理事長)の取り組みが6日から始まった。

 「社会の一員であり続けたい」と願う多くのホームレスの人たちにこたえる支援策。

 この日の作業には、ホームレスの人たち25人と支援者10人が参加。熊本市の県庁東門付近で約2時間、落ちた枯れ葉を竹ぼうきで集めるなどした。対価として配られたのは、コンビニなどで使える「クオカード」で1人千円分。熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)から3日に贈られた現金50万円を活用した。

 作業は資金が続く限り、毎週土曜の午後、公共施設を中心に続ける予定。自治会などからの依頼にも、こたえていく予定という。

 路上生活中の50代男性は「社会の役に立てた上、報酬までもらえてうれしい。こういうのが毎日あれば助かるのに」と話していた。(石貫謹也)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」