社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

地域ボランティア賞 芳野中など9団体表彰

写真   熊本善意銀行(伊豆英一会長)は9日、2009年度「地域ボランティア賞」の受賞団体を発表。代表として熊本市立芳野中学校(竹下恒範校長、55人)を表彰した。

 08年度までの「子どもボランティア活動を広げる運動」を改称。県内のボランティア活動全般に対象を広げ、今回は9団体の表彰を決めた。

 芳野中は20年以上前から全生徒と保護者、地元住民が協力。毎年末に金峰山周辺の登山道やトイレを清掃している。

 この日は、善意銀行の酒井欽司専務理事が同市河内町の同校を訪れ、生徒代表の3人に賞状と助成金5万円を贈呈。生徒会長の原口和[のどか]さん(2年)が「これからも活動を続けていきます」と応えた。(小林義人)

 ほかの表彰団体は次の通り。

 高平幼稚園、報徳保育園、古町校区ボランティアの会(以上熊本市)、高木小学校(御船町)、障害者就労作業所くれよんのもり(錦町)、菊水中学校(和水町)、児童館つわの花(天草市)、城南まちづくり倶楽部(城南町)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」