社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「熊本ホームレス自立支援の会」へ熊本善銀の援助金を

写真   NPO法人・熊本ホームレス自立支援の会(嶋本勝博理事長)は、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)からの援助金等でホームレスの一時宿泊兼事務所の補修工事等を行う。援助金は昨年に続き2回目、善意銀行の自主企画事業で50万円。20日、熊本市の熊日本社で、同行の津留健一事務局長が「県民の善意を有効に使ってください」と、支援の会の嶋本勝博理事長と橋本博幸事務局長に手渡した。嶋本理事長は「建物は築47年で老朽化や雨漏りがあり修理を要し補修工事を行います。」また「ホームレスの方々には、生活及び就労に係る訓練の一環として作業をしてもらい、その日当を支払うことにしています」「部屋は、一人一部屋ではなく複数の同室で利用者は最大16名程度を考えている」と話した。同宿泊施設は、熊本市田崎にあり、敷地450坪、建物70坪で今後10年間の使用を見込んでいる。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」