社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「第16回 全国中途失聴者・難聴者福祉大会in熊本」へ助成

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は29日、全国難聴者大会の助成金を高見次夫同大会実行委員(写真中央)と宮本せつ子熊本県難聴者中途失聴協会代表(写真右側)に津留健一事務局長が10万を手渡した。
全国大会は全国各地から中途失聴者・難聴者をはじめ、要約筆記者・障がい者福祉関係者、一般の方々を迎え、日頃の研究・活動などの意見交換や難聴者の自立と社会参加の促進を図る目的で開催される。期間は平成22年10月16日(土)から18日(月)まで3日間で会場は「ホテル熊本テルサ」。高見同大会実行委員は 「助成金は大切に使用させていただきます」とお礼の言葉があった。
 熊本での全国大会は今回が初めて。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」