社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

宇土市ソフトボールAクラスリーグが預託~

写真  宇土市ソフトボールAクラスリーグ(曽方之代表理事、宇土市)は5月17日、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、同行の酒井欽司専務理事に10万6824円を預託した。
同リーグは約16年前に結成され、宇土市にあるソフトボール愛好家の60チームから16チームをAクラスとし、さらにその中の8チームが年2回(春と秋)のリーグ戦を各チームが7試合して優勝を争っている。参加チームは、同リーグで実力を付けて、熊日旗争奪などの大会で優勝を目指して練習を重ねている。
今回の預託は、春に行われたリーグ戦の参加者や応援企業などから募金を募り集めた。曽方代表理事は「ソフトボールを通じて地域とのコミュニケーションやボランティア活動も行っている。今回は少額の預託ですが、社会貢献が出来ればと思い持参しました」と述べた。写真の右側が曽方代表理事。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」