社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

救援金14億円被災地へ 熊日、善銀RKKが日赤県支部に預託

写真   熊本日日新聞社、RKK熊本放送、熊本善意銀行は12日、「東日本大震災救援金」の4億1234万7046円を日本赤十字社県支部に預託した。4月にも10億円を預託しており、7月末まで受け付けた救援金総額は14億1234万7046円だった。

 榎田孝明・熊日常務、村上輝和RKK常務、藤野芳太郎・善銀専務が熊本市の同支部を訪問。楢村善和事務局長に、救援金の目録と募金者名簿を手渡した。日赤本社を通じて、全額が被災地に届けられる。

 楢村事務局長は「未曽有の災害で、これまでとは桁違いの救援金が集まった。一刻も早く被災者の元に届けたい」と話した。

 同救援金は、震災2日後の3月13日スタート。受付件数は2万7713件だった。募金者名と金額は熊日紙面に掲載し、1日千件を超す日もあった。件数、総額とも、阪神大震災の1万5237件7億6478万2697円を大幅に上回った。

 救援金は、8月から熊本市世安町の熊本善意銀行(熊日本社内)への持参分のみ受け付けており、朝刊「生活ナビ」面の善意銀行コーナーに募金者名と金額を掲載する。
(岩下勉)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」