社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

東京エレクトロン九州が善銀に預託

写真   東京エレクトロン九州(合志市、飽本正巳社長)の佐伯幸雄管理本部長、高尾義史さん、日髙三千代さんが6日、熊本市の熊日本社を訪れ、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)の津留健一事務局長に20万円の目録を手渡した。昨年に続き3回目。同社では社員食堂の日替わりランチ1食につき10円を1年間募金し積み立てた。   
同社は募金と同額を寄付し、社内のスポーツ施設などの利用料も加えた金額を歳末に向けた浄財にした。善意銀行のほか、県や合志市などの社会福祉協議会などにも贈った。これらの活動は「地域貢献を目指し、社員を含めた全員参加で意識を高めています」と佐伯管理本部長(写真右)は述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」