社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「感謝の気持ち」~株式会社すまい工房 

写真   株式会社すまい工房(小山憲治社長 熊本市神水本町)は26日、イベントのバザー収益金から15万円を熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)に社員代表の中野和典係長(写真中央)と澤田智子さん(同右)が持参し、津留健一事務局長に預託した。今回で9回目。
 同社は、毎年年末に「もちつき大会」を行い今年も12月11日(日)に開催し、お客さんや社員に地域住民を含めた約400名が参加した。チャリティーバザーは、会社の展示した備品等を販売し、その益金と会社負担金を加えた募金を持参した。中野係長と澤田さんは「会社は地域貢献を考えています。我々も同様にそのような気持ちですが、さらに皆様と活動を通じて絆が結ばれると思います」「当社は多数の方々から支えられ、その感謝の気持ちと自分たちで出来る事をやっていきたい」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」