社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

例年より品質の良い新茶~県茶商業協同組合

写真   県茶商業協同組合(徳永亮理事長 熊本市)は5月1日、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、同行津留事務局長に新茶8キロを預託した。32回目。同行では「くわのみ荘」など熊本市内の老人福祉施設8ヵ所に配布した。
 徳永理事長は「今年の新茶は遅霜がなく、よいお茶が量も例年以上に出来ました。県産茶の豊作を祈願する献茶祭は1日、熊本市上通町のびぷれす広場で新茶を奉納、新茶の天ぷらを無料配布するなどして多数の見学者があった。」と述べた。写真右が徳永理事長
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」