社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

同窓会の残金を社会貢献に~県身体障がい者リハビリティーション同窓会

写真  熊本県身体障がい者リハビリティーション(旧更生指導所)の同窓会(三村伴春副会長・浜田磨美子同、熊本市東区長嶺)は3月6日、会員の減少により廃部を決め、事務局の浦田栄喜さん(写真中央)と立山康一さん(同右)が会費の残金10万2404円を熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、津留健一事務局長に預託した。
 同窓会は約34年前に発足した。メンバーは、身体に障がいのある人が更生指導所に約50名程度が入所して、洋服・印刷プリント・義肢製作などの職業訓練を受け、技術を取得してきた。浦田さんと立山さんは「同窓会は、会員から会費を徴収し、2年に1回程度の親睦会を開催し懇親を深めてきた。しかし、近年OBの入会減や高齢化などで会員の参加者が減少してきた。このため、昨年11月の理事会で解散を決め、会費の残金は善意銀行に預託し、地域貢献につながればと持参しました」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」