社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

3個人4団体の「預託」に感謝状

写真  熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日会長)は18日、金銭やボランティアなどの預託を長年続ける3個人4団体に感謝状を贈った。

 贈呈式を熊本市中央区の熊日本社で開催。藤野芳太郎専務理事が「皆さんの善意に感謝します。善意の火をともし続けてください」とあいさつし、盾と記念品を手渡した。老人ホームなどでマジックを披露している福田秀明さん(67)=同市北区=と本田二教[つぎのり]さん(74)=東区=は「大変ありがたい。今後もマジックを続けたい」と述べた。

 2013年度は▽預託金513件(総額942万483円)▽物品525件▽ボランティア844件-が寄せられた。(横山千尋)

 他の被表彰者・団体(匿名希望を除く)は次の通り。坂田勝さん(菊陽町)▽米村芳雄さん(山鹿市)▽県ボウリング場協会▽ヤマトホールディングス(東京都)▽衣料品店イエイリ(大津町)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」