社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

1個人6団体預託に感謝状

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日会長)は17日、金銭やボランティアなどの預託を長年続ける1個人6団体に感謝状を贈った。

 熊本市中央区の熊日本社で開いた贈呈式で、藤野芳太郎専務理事が「善意の火をともし続け、社会を明るくしてください」とあいさつ。歌やフルートなどの演奏ボランティアを続ける「リーフアンサンブルキャラバン」(10人)は2009年から今年3月末までに老人ホームなどを159回訪問。代表の重村節子さん(72)と長女の葉子さん(48)=熊本市東区=は「いろいろな所で演奏しながら元気をもらっている」と述べた。

 他の被表彰者は▽熊本の酒推進委員会(大津町)▽九州巨人軍愛好会、県商工会議所連合会・アクサ生命熊本支社、桜ケ丘保育園(熊本市)▽ファミリーマート松島店(上天草市)▽太江田寿之さん(八代市)。

 14年度の預託は▽預託金483件(総額646万2219円)▽物品462件▽ボランティア876件-だった。(西島宏美)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」