社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

善銀パートナー 託麻南校区4町内殿ノ山団地が参加

写真   託麻南校区4町内殿ノ山団地(熊本市)は3月9日、「善銀パートナー」制度に参加した。毎月、熊本善意銀行(会長・伊豆英一)に金銭預託を行う。
  「託麻南校区4町内殿ノ山団地の資源物を回収し、得たお金を困っている人に役立ててもらえれば、との気持ちで始めた。」と代表の井上悟さん。最初は団地内の人も半信半疑だったが、熊本日日新聞の善銀だよりの預託金欄で、熊本善意銀行に受理されたのを確認し、今では団地のボランティア活動と自覚して、皆さん積極的に参加されている。この活動は3年半続いており、井上さんは「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」の言葉を思い出すと言う。
 紙類の収集日にリヤカーの専用ボックスに各人搬入してもらい、一括してリサイクル業者に引き渡し、1カ月分の売上代金をまとめて熊本善意銀行に金銭預託している。
 熊本市内には865の自治会があるが、殿ノ山団地の活動が広がっていけばと思っている。広がれば全国にもアピールできますよネ。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」