社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

江崎グリコが紙芝居とお菓子のセットを預託

写真   江崎グリコ株式会社(江崎勝久代表取締役社長 大阪市西淀川区)は9月7日、熊本善意銀行(伊豆英一会長 熊本市中央区)に紙芝居とお菓子のセット「かみしまいBOXよいこのくまモン劇場」50箱を預託した。
 同社は熊本地震で被災した子供たちに元気を贈ることを目的に、くまモン紙芝居とお菓子をセットにし、県内の子供たちに配布する熊本応援プロジェクトを行っている。
 預託を受けた善意銀行は「やまのせいくらべ」のくまモン紙芝居を楽しみながら、同社のお菓子を食べてもらおうと、熊本天使園などの県内の児童福祉施設10カ所に払出した。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」