社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

2個人6団体に感謝状贈呈

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は20日、金銭や物品などを長年預託し続けてきた2個人6団体に感謝状を贈った。

 贈呈式は熊本市中央区の熊日本社であり、同銀行の井手輝利専務理事が「皆さんの善意が光となって社会を照らしている。今後もご協力をお願いします」とあいさつ。10年以上にわたって老人ホームなどで日本舞踊を披露し、金銭を746回預託している玉名市の「藤扇城北福祉会」の北原和子さん(84)=南関町=は「これからもできることを懸命に頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

 被災者や地域活動などに預託されたものを払い出す同銀行には、2016年度に金銭531件、物品379件、ボランティア515件が寄せられた。(中島崇博)

 表彰された他の個人・団体は次の通り。

▽匿名(熊本市)
▽杉光定則さん(同市中央区)
▽トヨタカローラ熊本(同)
▽大橋時計店(同)
▽香雲堂吟詠会阿蘇中央本部(阿蘇市)
▽日本善行会(宇土市)
▽長洲町商工会青年部(長洲町)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」