社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

地域ボランティア賞 「丘リーナ」(菊陽町)など4団体

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は24日、2018年度の地域ボランティア賞4団体を発表し、代表としてアマチュアバンド「丘[おか]リーナ」(菊陽町)を表彰した。

 丘リーナは、会社員の本田誠哉さん(57)=同町津久礼=が、大学時代の友人らと2005年に結成。メンバー4人が県内の病院や仮設団地を訪れ、オカリナやギターなどによる演奏を続けている。

 この日は、熊本市西区の通所介護施設で、利用者らに演奏を披露。善意銀行の井手輝利専務理事が本田さんに表彰状と助成金5万円を手渡した。本田さんは「受賞を励みに、これからも活動を続けたい」と話した。

 地域ボランティア賞の表彰は15回目。受賞は計126団体となった。(宮崎翼)

 ほかの受賞団体は次の通り。ふれあいトーク富合(熊本市南区)▽おもいでサロン駄楽~庵[だらあん](同市北区)▽京陵中学校 大楠の会(同市中央区)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」