社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

長年の預託に感謝 2個人2団体善意銀行表彰

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は18日、長年にわたって金品などを預託してきた2個人2団体に感謝状を贈った。

 熊本市中央区の熊日本社で贈呈式があり、善意銀行の井手輝利専務理事が「皆さまの善意が世の中を明るくしてきた」と謝辞。2013年から金銭を計68回預託した宇土市の会社役員、冨永志保さん(55)は「わずかでも困っている人の役に立つために、細く長く続けたい」と述べた。

 善意銀行は預託された金品などを、社会福祉や地域活動に払い出す公益社団法人。18年度は金銭457件、物品357件、ボランティア304件が預託された。(堀江利雅)

 表彰されたほかの団体、個人は次の通り。▽辻産業(合志市)▽ゴールドジム(熊本市中央区)▽小堀啓子さん(同区)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」