社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本市北区の児童養護施設に新そば振る舞う 熊本そば名店会

写真   熊本市のそば屋11店でつくる熊本そば名店会は10日、同市北区の児童養護施設「龍山学苑」の児童生徒46人に新そばを振る舞った。

 児童養護施設の子どもたちに本格的なそばを食べてもらおうと、新そばの時期に合わせて20年以上続けている。同会の職人が手打ちの技を披露し、子どもたちも体験した。天ざるそば約100食が出来上がると、子どもたちは笑顔で頬張った。

 龍田中1年の北村ひとみさんは「手打ちは難しかったけど、自分で打ったそばはおいしい」。同会の正木譲さん(68)は「熊本には100年以上の歴史があるそば屋もあり、本格的なそばの味を知ってほしい」と目を細めた。(豊田宏美)

【写真】出来たての天ざるそばをほおばる龍山学苑の子どもら=熊本市北区
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」