社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い、県内834人に記念品

写真   熊本善意銀行(熊本市)は、本年度中に100歳を迎える県内の834人に記念品の贈呈を始めた。敬老の日を前にした恒例行事で、57回目。

 18日は、井手輝利専務理事が湯前町のサービス付き高齢者住宅「ゆのまえ美空」を訪問。入所者の津留メグミさん(100)と黒木滿世さん(99)、椎葉實さん(99)に記念品のバスタオルと、千代の園酒造(山鹿市)が預託した清酒「百歳萬歳」を贈った。津留さんは俳句や詩吟、書道と多趣味で、読書にも没頭する。元化粧品販売員とあって、今もパーマをかけに美容院に通う。黒木さんは掃除、洗濯など身の回りのことは一人でできる。趣味は手芸で編み物が得意だ。椎葉さんは、頭と体の運動に熱心。体操や脳トレにも励んでいる。

 長寿の秘訣[ひけつ]について3人は「身だしなみをきちんとし、おしゃれすること」「小さな事でくよくよせず、朗らかに前向きに過ごすこと」と口をそろえた。

 記念品は各地の熊日販売センターを通じ、対象者に届けられる。(坂本明彦)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」