社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

中央ゴルフ(株)が善銀パートナー参加

写真   中央ゴルフ株式会社(菊池市旭志、緒方正朋社長)は7月29日、「善銀パートナー」制度に参加しました。同社は昭和51年から毎年、年末に実施するチャリティーゴルフの益金や沢山のおもちゃ、食料品などを善意銀行に預託されています。おもちゃや食料品は、県内の児童養護施設に贈っており、施設の子どもたちも「クリスマスプレゼント」として大変楽しみにしています。こうした取り組みを通して、明るく元気な熊本の福祉への貢献という「善銀パートナー」制度の趣旨に賛同されました。

 同社の「くまもと中央カントリークラブ」は昭和38年9月に開場。名匠上田治氏が設計を監修しており、阿蘇や雲仙に向かってショットできる雄大なコースは、「世界のゴルフ場1000選」に選出されました。18ホールの各所にクスノキ、ヒノキなどの大木があり、心地よい風を感じながらプレーができます。また、阿蘇くまもと空港から車で約20分、豊肥本線の肥後大津駅から車で約15分というアクセスのよさも魅力です。

 中瀬英仁支配人は「新型コロナウイルスや相次ぐ自然災害の発生など暗いニュースが続いていますが、県内の社会福祉のために少しでも貢献するとともに、子どもたちの喜ぶ顔を想像しながら『クリスマスプレゼント』を続けていきたいと思います」と話しています。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」