社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

清水電気工業(株)が善銀会員に入会

写真  清水電気工業株式会社(熊本市南区、清水悦子代表取締役)が令和4年5月25日、熊本善意銀行の会員に入会しました。同社はこれまでも使用済み切手の預託などを行っており、皆様からお預りした善意の金銭や物品、労力などを、支援を必要とされている方々ににつなぐ「善意の架け橋」としての善銀の活動に賛同されました。

 清水代表は「皆様のおかげで弊社は昨年、50周年を迎えることができました。熊日紙面の善銀預託・払い出しのコーナーや善銀のホームページを見て、弊社も何か社会のお役に立ちたいと思い、入会を希望しました」と話されています。

 同社は昭和46年9月に電気工事店として創業。その後、菅工事業、太陽光発電システム設備事業など業務を拡大し現在、本社と県内3営業所で業務を行っています。「創業のときからの『コンセント一つでも喜んで』という精神を忘れずに、一つひとつの仕事に真摯に取り組んでいます」と清水代表。地域への感謝を込めて年4回、本社や各事業所の周辺のゴミの清掃も続けています。

 人、産業、自然環境の共生・共存が社会的テーマとして注目される中、清水代表は「事業を通して美しい自然環境の保護など社会貢献に努め、お客様のニーズに細かく対応できるように努力してまいります」と意欲を語っています。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」