社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い、963人に記念品 熊本善銀が敬老の日に合わせ贈呈

写真  熊本善意銀行(熊本市)は、本年度に100歳を迎える県内の963人に記念品の贈呈を始めた。敬老の日に合わせた恒例行事で59回目。

 13日は和田浩二専務理事が、6月3日に100歳となった荒尾市増永の嶋村久子さん方を訪ね、記念品のバスタオルと千代の園酒造(山鹿市)から預託された清酒「百歳萬歳」を贈った。

 嶋村さんは荒尾市生まれ。和洋裁が得意で、畑仕事にも精を出す。50代でミニバイクの免許を取得し、ホームヘルパーとしても活躍した。

 長女遠藤厚子さん(69)らと4世代7人暮らし。長寿のこつは「くよくよせず、親類や近所の人たちと親しくつきあうこと」と話し、「やしゃごを見るまで生きたい」と話した。

 記念品は各地の熊日販売センターを通し対象者に届けられる。(大倉尚隆)

【写真】熊本善意銀行の和田浩二専務理事(左)から記念品を受け取る嶋村久子さん=荒尾市
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」