社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い記念品贈呈 413人にひざ掛け、清酒

写真   熊本善意銀行(伊豆英一会長)は十五日、本年度に満百歳を迎える県内のお年寄りにひざ掛けを贈った。敬老の日に合わせて毎年行っており、四十四回目。千代の園酒造(山鹿市)が預託した清酒「百歳万歳」も一緒に贈られた。今年の対象者は四百十三人。同日は、善銀の酒井欽司専務理事が、十月に百歳になる熊本市京町の徳永齋さんの自宅を訪れ、ひざ掛けなどの記念品を贈った。徳永さんは八十年近く商売を営み、三男一女を育て上げた。九十六歳まで畑仕事に精を出し、現在もプランターで野菜を育てるのが楽しみだという。
 徳永さんは「ありがとうございます」とお礼の言葉を述べ、出征の話や家族のこと、商売の苦労話などを話し、人生を振り返っていた。
 記念品は、熊日販売店を通して、十七日まで対象者全員に贈った。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」