社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

お茶の缶147箱など贈呈

写真  3月31日熊本市米屋町の㈱ダイナム熊本統括事務所(第15ゾーンマネージャー堀口昌章代表)がお茶やジュースの缶(30本入り)147箱とハンドタオルなど33ケースを預託。
4月から上天草市のみどり園など17児童施設へ各地域の熊日販売店を通じて贈られる。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」