社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

カード会社ライフ ゴルフ大会益金を預託 

写真   クレジットカード会社のライフ(磯野和幸社長、本社東京都)は二十一日、女子プロゴルフツアー「ライフカードレディス」(十八―二十日、熊本空港CC)のチャリティーオークションなどの益金を熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)に預託した。

 大会主催者の同社の田丸哲也カード推進部長らが、熊本市世安町の同銀行(熊日本社内)を訪問。益金に同社が三十万円を上乗せした計七十八万千九百円の目録を、伊豆会長に手渡した。大会ごとに預託しており、四回目。

 田丸部長は「来場客は過去最高の二万二千九十八人。最後まで混戦で見ごたえのある大会だった。益金は有効に使ってほしい」と話した。また県社会福祉協議会にも、同額の益金を寄付した。

 同行は、預託金を老人福祉やボランティア活動などの支援に活用する。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」