社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

障害者作品販売 18施設共同でフリマに出店 26日から益城町

写真  熊本市などにある十八の福祉施設や共同作業所が、二十六~二十七日に上益城郡益城町のグランメッセ熊本で開かれるフリーマーケット「すぱいすフリマ*フリマ」に共同出店する。

 店舗名は「がんばってます市場」。各施設の販路拡大や障害者の社会参加を目的に企画。熊本善意銀行が協力、十五ブース分を買い取って提供する。ケーキやクッキー、かりんとうなどの菓子から、ドレッシングなどの食品、イ草製品や「さをり織り」、おもちゃまで幅広く出品する。

 各施設は品ぞろえのため準備に追われている。豆腐などを販売する「ゴー・スロー」(熊本市)の長尾正一さん(42)は「多くの人に喜んでもらいたい」と力を込める。

 共同作業所の連絡会「きょうされん」の上野修一熊本支部長は「今回のような大きなイベントで一般の出品者と“競争”する例はあまりない。商品のレベルの高さを見てほしい」と話している。(林田賢一郎)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」