社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

各界から145人出品 熊日チャリティー知名士色紙展 31日まで

写真   県内外の芸術家や著名人の作品を展示・販売する毎年恒例の「熊日チャリティー知名士色紙展」が二十七日、熊本市上通町の熊本公徳会カルチャーセンター(びぷれす熊日会館六階)で始まった。三十一日まで。

 版画・彫刻家の浜田知明さん、歌手の八代亜紀さんなど県内在住・出身者を中心に画家や書家、デザイナー、工芸家、音楽家、スポーツ選手など百四十五人が百七十点を出品。漫画家の川崎のぼるさん、版画家の野田哲也さんなど、新たな出品者も多い。水彩や油彩、書、サインを書いた色紙のほか、陶芸や肥後象がんなどの工芸品も並び、訪れた人たちはじっくりと作品を見ながら品定めしていた。

 購入希望者は、五枚二百円で販売している申込用紙に希望の作品を記入して投票。九月一日午前十時から抽選し、当選者は一点八千円で購入できる。抽選結果は二日付熊日朝刊で発表。益金は熊本善意銀行を通じて社会福祉に役立てる。開場時間は午前十時~午後六時(最終日は五時)。

◇           ◇

 出品者は次の通り(順不同、敬称略)。

 相嶋崇人、秋山幸二、朝丘雪路、安達曈子、阿津坂雅弘、雨森三郎、荒木尚、荒木眞紀子、有田蘭香、石原昌一、磯谷精一、板井榮雄、井田峰月、井手美代子、井上春嶽、井上清江、井上泰秋、岩上孝二、岩代浩一、上野豊、上野光祐、上野浩之、上野純雄、上村隆一、浦川草径、永武、江上蒼龍、江口幹城、大堂喜三子、大野郁子、大森キミ子、小川哲男、小川正嗣、尾崎輝武、小沢昭一、蒲島郁夫、兼城昌山、鎌田徹、川崎庄平、川崎のぼる、川俣渓石、菊川有臣、木戸征郎、杵島隆、木村鉄郎、吉良克彦、久保田保義、藏本朝美、黒田静壺、神津善行、古閑博文、古閑美保、小材啓治、木庭京子、古場田博、小堀美恵子、崔洋一、榮秀則、坂口惠子、坂田黎一、坂本寧、里見二三子、下田悌三郎、城武信、白木光虎、白藤朱根、神宮司正、芹川光行、田内研水、高木護、高津明美、武田光良、武田双葉、武田双雲、田代晃三、田代二郎、田代洋子、田中小華、段村一美、徳永巣鶴、戸田東蔭、友枝雄策、中村公子、中村紫藤、中村天香、中村メイコ、那須球石、夏目信弘、西崎セツコ、西生了、西田敏明、西村淳、野口翠山、野田哲也、信國宣二、浜田知明、原田秀雄、春口光義、東輝雄、日比野克彦、姫野豊、平方研水、福田眞、福永幸夫、藤山成二、二子石義之、堀本知子、前田和、前田信明、正村タカシ、松井翠嵐、柗川冨司也、松木良介、松田澄夫、松中信彦、松永壮、松本蓬邱、松本一、真鍋呉夫、馬原孝浩、三浦淑子、溝口優二、源了圓、宮崎静夫、宮崎康親、宮中千秋、宮本明、宮本正、村松辰雄、本村セイコ、本村徹郎、森光子、森田正孝、八代亜紀、安井建二、山口輝也、山下益雄、山田吾一、横田テル、横枕五十雄、横山順子、吉家研二、吉開繁美、吉村伯舟、渡邊綱男
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」