社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「恵まれない人たちのために」~フィッシング海人~

写真   釣り仲間の会「フィッシング海人」(森崎秀司会長・熊本市九品寺)は20日、熊本善意銀行に26万円を預託した。
 22年前に発足した同会は一時30人を超すメンバーを数えたが、会員の減少もあり解散することになり集めた会費の残りを善銀に持参した。
 森崎会長は「世の中の恵まれない人たちのために使ってください。会員みんなの総意です」と述べ野村事務局長に手渡した。

※預託金を手渡す森崎会長(中央)ら
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」