社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「幅広い福祉活動に使って」~県商工会女性部連合会

写真   県商工会女性部連合会(寺尾明美会長・熊本市安政町)は27日、熊本善意銀行にチャリティーバザーの益金10万円を預託した。初めて。
 同連合会が昨年11月、グランメッセ熊本で開いた「熊本物産フェア」で、会員たちが持ち寄った日用品、陶器類とコーヒー販売のチャリティーバザーの益金。
 寺尾会長(写真中央)は「こんな世の中、少しでも困った人たちのために役立てれば嬉しい」と、野村裕清事務局長に手渡した。
 同連合会は、県下62商工会、3800人で構成。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」