社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

ライフが96万円預託 女子ゴルフの益金など

写真   クレジットカード会社のライフ(磯野和幸社長、本社東京都)が20日、女子プロゴルフのライフカードレディスのチャリティー益金を熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)に預託した。

 同社主催のライフカードレディスは17日から3日間、熊本空港CCで行われた。5年目のことしは過去最多の約2万6000人が観戦。出場選手とギャラリーが写真を撮るチャリティーフォトなどで集まった36万7950円と同社からの60万円を熊本善意銀行と県社会福祉協議会に寄付した。

 伊豆会長が「ファンとの交流を大切にされている。暑い中、今年も素晴らしい大会になった」と述べ、ライフの田丸哲也営業本部カード推進部長は「古閑美保さんら地元出身選手も一生懸命に協力してくれた。益金を役立てていただきたい」と話した。熊本善意銀行は預託金を社会福祉事業などに充てる。(佐藤公亮)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」