社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

小川工業高生徒がロボット募金箱寄贈

小川工業高機械工作部の二ノ宮卓部長(17)ら3人が9日、熊本市世安町の熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、コインを入れると動く自作の「ロボット募金箱」を寄贈した。

 ガラス繊維製。ハート形の“天使”が地球(直径約30センチ)を抱き締めているデザイン。コインを入れると「ありがとうございました」と音声とともにパタパタと羽が動く。部員9人で制作した。「声と羽のタイミングを合わせるのに苦労した」とメンバーら。

 伊豆会長は「温かみのある動きとデザインで親しみが持てる。善銀のイメージにぴったり」。イベントなどで募金用に活躍する。(長野希美) 写真 
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」