社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

盲導犬育成に200万円 九州協会へ贈る 貸与式も

 熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は1日、九州盲導犬協会(福岡市)に盲導犬育成費200万円を贈った。

 同日、熊本市の熊日本社で贈呈式があり、伊豆会長が、同協会の中村博文常務理事に目録を手渡した。

 また、同協会の盲導犬の貸与式もあり、メスの「ウルマ」(1歳7カ月)を、阿蘇市の下村津代さん(58)が受け取った。下村さんは「ウルマと出会えてうれしい。ウルマとゆったりとした気持ちで人生を過ごしたい」と謝辞を述べた。

 同行は、1983年から随時、盲導犬の育成費補助を行っており、補助を通して視覚障害者に届けられた盲導犬はウルマで12匹目。(東寛明) 写真 
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」