社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「困ってる人たちのために…」~熊本市立中島小~

写真   中島小(熊本市中島町、橋本信二校長、229人)は7月14日、使用済み切手8キロ・書き損じハガキ165枚を熊本善意銀行に預託した。
 同小では2~3年前から、児童会活動の中の福祉人権委員会(8人)が中心になって、全児童に呼びかけ各人が持ち寄った使用済み切手を職員室前に設けた四角形の透明アクリル製ボックスに収集している。
 片山美智子教諭とともに訪れた子どもたちは「みんなで集めました。福祉のために生かしてください。これからもまた集めます」と元気な声で述べ、野村事務局長に手渡した。
「写真:右から坂井真樹さん、恒松沙耶さん、迎拓海くん、山本真喜くん」
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」