社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

東京エレクトロン九州が善意銀行などに寄付

 19日、県庁で贈呈式があった。東京エレクトロン九州(合志市)の飽本正巳社長が、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)や、同社の事業所がある地域の社会福祉協議会など7団体に計79万1040円を贈った。同社は今年4月から、社員食堂の日替わりメニュー代金から10円を募金して39万1040円を積み立て。ほぼ同額の40万円を会社側が拠出し、寄付金とした。飽本社長が「少しでも皆さまの活動に貢献できればうれしい」とあいさつ。各団体の代表が「貴重な寄付金をありがたく使わせていただきます」などと謝辞を述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」