社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「恵まれない方々のお役に…」~県公立学校退職教頭会

写真   県公立学校退職教頭会(徳永信雄会長・130人)は4日、熊本市中心部で行った初の歳末助け合い街頭募金の全額3万1136円を熊本善意銀行に預託した。
 募金活動は、熊本市上通町の熊日びぷれす会館前でこの2日から3日間、午前10時半から午後2時半まで20人の会員が交代で手作りの「歳末助け合い」と書いたタスキと募金箱で協力を呼びかけた。
 募金した人にはこれも手作りのおもちゃ「ガリガリプロペラ」をプレゼントした。
 募金を持参した伊藤、徳満両理事は「初めてのことで緊張しましたが、年配の女性や男女高校生、それにかつての教え子が協力してくれてうれしかった。わずかですが恵まれない方々のために使ってほしい。来年もまたやりたい」と述べた。

写真:街頭募金を預託した伊藤貫爾さん(左)と徳満金ニさん
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」