社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

年末の炊き出し協力を 熊本ホームレス自立支援の会が募金活動

写真   NPO法人・熊本ホームレス自立支援の会(嶋本勝博理事長)が5日、熊本市の下通アーケードで、ホームレス生活者への炊き出しのために街頭募金を呼び掛けた。

 今年は米の寄付が少なく、年末の炊き出しが困難になっている。同会のメンバーら約10人が参加し、買い物客らに「ホームレス生活者に食事と働く場所を」と協力を求めた。

 同会は熊本善意銀行からの援助金50万円を活用し、6日午後2時から4時まで、県庁東門周辺の清掃活動に協力してくれたホームレス生活者に1000円分の買い物券を謝礼として渡し、生活を支援する。

 嶋本理事長は「これまで農家や農協などから米の寄付をいただいてきたが、今年は不況の影響もあり低調。食事とともに内職などの仕事も不可欠で、ぜひ協力してほしい」と話している。同会TEL096(385)6299。(横山千尋)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」