社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「社員みんなの気持ちです」~熊本大同青果

写真   熊本大同青果(月田求仁敬社長  熊本市田崎町)は15日、社内募金20万円を熊本善意銀行に預託した。初めて。
 同募金は、毎年初に行っている新年会の席上、社内親ぼく委員会(田口卓司代表)が募金箱を首から下げて会場を回り集めたもの。昨年はドイツで心臓移植手術を受けた宮原敬助君のために寄贈した。
 募金を持参した月田社長と田口代表は「社員みんなの気持ちです。どうか恵まれない人たちのために有効にお使い下さい」と述べ、野村裕清事務局長に手渡した。

 写真:社内募金を預託した月田社長(中央)と田口さん(右)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」