社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

ひとり親家庭の新入学児を激励 県母子寡婦福祉連合会

写真   今春、小学校に入学するひとり親家庭の子どもを激励する「新入学児童お祝い会」が21日、熊本市の県総合福祉センターであった。

 県母子寡婦福祉連合会(平本博子会長)主催で43回目。会員の新入学児童168人のうち各市郡代表約30人と保護者らが出席した。

 熊本善意銀行の野村裕清事務局長と県共同募金会の島崎政廣事務局長が、子ども一人一人に学用品やリュック、ハンカチなどのプレゼントを手渡した。山鹿市立大道小に入学する相川海音君(5)が「友達をいっぱいつくって、勉強もがんばります」とお礼を述べた。

 親子は手遊びや腹話術などレクレーションも楽しんだ。(内田裕之)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」