社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「社会のお役に…」~八代東高校

写真   県立八代東高校(道田俊郎校長 572人 八代市鷹辻町)は、昨冬同市ハーモニーホールで催した「東高マーケット・フリーマーケット」の売上金の一部3万円を、12日熊本善意銀行に預託した。初めて。
 6年目を迎えたフリーマーケットは毎年、販売実習の一環として商業科1年生が行う。全生徒に呼びかけ、各家庭にある陶器類や洗剤などを持ち寄ってもらい市価より安く販売。善意銀行のほか八代ナザレ園にも贈呈した。
 預託金を持参した商業科主任の永田恭子教諭=写真右=は「生徒たちの協力の証です。少額ですが社会のお役に立ててください」と述べ、野村裕清事務局長に手渡した。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」