社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

社会貢献に10万円を預託~プルデンシャル生命保険㈱熊本支社

写真   プルデンシャル生命保険株式会社熊本支社(熊本市桜町)の酒井聡支社長と鳥井康行課長代理が15日、社会貢献に役立てて欲しいと熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、同行津留健一事務局長に10万円の目録を手渡した。

 酒井支社長と鳥井課長代理は「会社が社会貢献に積極的に活動しており、グローバル・ボランティア・デー、骨髄ドナー登録、メイク・ア・ウィッシュ支援などしています」「ボランティア活動は、貴重な時間を使って行動する事で他人や自分の区別なく、お互いを豊かにしてくれるのではないか」「この活動で中・高校生が老人ホームや色々の施設訪問を行っている事を知って感動しました」「過去にも沢山の支援や寄付をしてきましたが、今回は地元で活動されている熊本善意銀行を選択しました。」と述べた。


写真左から:津留事務局長・酒井社長・鳥井課長代理
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」