社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本善銀が木下大サーカス入場券贈る 県内施設に

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は5日、嘉島町で来年2~4月に開かれる木下大サーカスの入場券350枚を県内の児童養護施設など25団体に贈った。

 熊本市の熊日本社であった贈呈式では、津留健一事務局長が、県養護協議会児童指導員会の緒方健一会長に入場券を手渡した。緒方会長は「子どもたちの励みになる。春休みなどを利用して楽しませたい」とお礼を述べた。

 木下大サーカス(熊日などでつくる木下大サーカス熊本公演実行委主催)は来年2月11日~4月18日、嘉島町のイオンモール熊本クレアで開催される。前売り券は熊日販売店や各プレイガイドで発売中。同公演事務局TEL096(324)0045。(内田裕之)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」