社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「地元熊本のお役に」~株式会社すまい工房 

写真   株式会社すまい工房(熊本市神水本町)の小山憲治社長と畠山千夏さん(写真の中央と右側)が21日、熊本市の熊日本社を訪れ、熊本善意銀行(会 長・伊豆英一熊日社長)の津留健一事務局長に預託金10万円を手渡した。

同社は、12月12日に得意先や社員を含めた約200名が参加した「もちつき大会」で会社の展示した備品等をチャリティーバザーで販売し、その益金と会社負担金を加えた募金を持参。今回が8回目。小山社長は「社会には多数の困っている方々おられる。当社は地元で営業している。その恩返しを含めて、少しでも地域に貢献していきたい」「過去に色々贈呈先の施設を検討してみたが難しい面があり、その方面で活動されている熊本善意銀行さんにお願いした」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」