社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

地域ボランティア賞 大津東小など8団体表彰

写真   熊本善意銀行(伊豆英一会長)は8日、2010年度地域ボランティア賞の受賞団体を発表。代表として大津町の大津東小(熊谷和信校長、55人)を表彰した。県内のボランティア活動全般が対象で、18回目の今回は8団体を選んだ。

 大津東小の児童たちは地域との交流を深めるため、一人暮らしのお年寄りに新聞記事を紹介する手紙を定期的に届け、年末には学校田の収穫米でついたもちを配っている。

 この日は、善意銀行の酒井欽司専務理事が同小を訪れ、児童代表の4人に賞状盾と助成金5万円を手渡した。児童会長の村上潤弥君(6年)が「地域の方々に喜んでもらいたいと思って始めました。これからも続けていきたい」と述べた。(三國隆昌)

 その他の表彰団体は次の通り。

プア・ケニケニ、塩屋かたろう会、一新まちづくりの会(以上熊本市)、菊池川つくしの会(玉名市)、よみきか戦隊オハナシマン(大津町)、夢友理(宇土市)、コール・トゥッティ菊池(菊池市)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」