社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

10億円、被災地へ 熊日などの「救援金」

写真   熊本日日新聞社、RKK熊本放送、熊本善意銀行が呼び掛けている「東日本大震災救援金」が10億円を超えた。14日、伊豆英一熊日社長と浅山弘康RKK社長が県庁を訪ね、日本赤十字社県支部長の蒲島郁夫知事に「県民預託金」として10億円の目録を手渡した。

 伊豆社長と浅山社長は「県民のみなさんの思いを被災地に届けてください」と要望。蒲島知事は「熊本の一致団結した強い気持ちを感じる。その善意に応えるため、スピード感を持って対応します」と応じた。

 救援金は、大震災発生2日後の3月13日に窓口を開設した。引き続き、熊日やRKKなどへの直接持参、口座振り込み、現金書留で受け付け、日本赤十字社を通じて全額、被災地に届ける。(潮崎知博)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」