社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

山鹿の施設に花の球根贈る 熊本市の興農園

写真   種苗などの卸・小売を手掛ける「興農園」(熊本市、田中穂積社長)が28日、山鹿市津留の児童養護施設「愛隣園」にチューリップやアネモネなどの球根約350個を贈った。

 同社は、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を通じ県内の福祉施設に毎年球根を贈っている。24回目となる今年は、愛隣園など21施設に計3千個を届ける。

 愛隣園を訪れた同社の担当者が、三浦陽二園長に贈呈。三浦園長が「子どもたちが喜びます。施設の周辺に植えて春の開花を楽しみに待ちます」とお礼を述べた。(富田一哉)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」