社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「春日人おてもやん」など表彰 地域ボランティア賞に9団体

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は14日、2011年度地域ボランティア賞の受賞団体を発表。県内各地でボランティア活動を続ける9団体が選ばれ、代表として「春日人おてもやん」(熊本市春日)を表彰した。

 春日人おてもやんは2008年、地域の主婦ら7人で結成。観光客をもてなそうと、JR熊本駅で観光ガイドボランティアや、肥後野菜を使った焼酎開発などを続けてきた。

 この日は、善意銀行の藤野芳太郎専務理事が同事務所を訪れ、メンバーに表彰盾と助成金5万円を手渡した。代表の西春里美さん(54)は「地元を盛り上げるため、これからも自分たちにできることを続けていきたい」と話した。(東本由紀子)

 その他の表彰団体は次の通り。

 ふれあいランチいそぎんちゃく、池田校区地域福祉委員会、城西校区防犯協会(以上熊本市)、玉名観光ガイドの会(玉名市)、永江団地老人クラブ永寿会(合志市)、菊陽北校区青少年健全育成協議会(菊陽町)、坂本中(八代市)、人吉西小(人吉市)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」