社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

軽・中度難聴の子ども支援 補聴器購入費用などに助成金贈る

写真   軽・中度の難聴の子どもたちの補聴器購入を支援しようと、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は15日、「熊本県ことばを育てる親の会」(下田貞幸会長)に500万円の助成金を贈った。
 熊日本社(熊本市世安町)で、伊豆会長が下田会長に目録を手渡し、下田会長は「大変ありがたい助成です」とお礼を述べた。
 同会によると、軽・中度の難聴者は障害者と認められないため、高校を卒業するまでに補聴器の購入費用など100万円程度が必要。県内には、高校生以下の軽・中度難聴者が、同会が把握しているだけで66人いるという。他県では公的補助の例もあるが、熊本県内にはなく、同会は県や熊本市に公的補助を求めている。(石貫謹也)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」